ひざ下など脚のムダ毛ケアでよくある疑問

ひざ下など脚のムダ毛ケアでよくある疑問

ムダ毛処理や脱毛と言った時、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
人によって様々で、女性の方であれば夏の薄着になる季節の前に、ワキや足、腕などのムダ毛をお風呂場などで剃るといった光景をイメージする方もいるでしょう。
それとも、脱毛サロンなどで脱毛の施術をしているところを思い浮かべる方もいるでしょう。
どうにしても、どれも手間がかかったり、お金がかかったりと、ムダ毛ケアは良いイメージが無く、オシャレをするために仕方ない事と割り切っている方が多いのではないかと思います。

 

そんなムダ毛ですが、特に膝下などの目立つ部分に関してはムダ毛が気になって、自分でカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って処理した結果、失敗して肌荒れを起こしてしまった経験も、ほとんどの女性に1度や2度くらいはあるのではないかと思います。
だからといって、脱毛サロンやクリニックで脱毛するとなると、なかなか踏ん切りがつかないという方もいると思います。
ましてや、これまで一度もそういったお店で施術を受けたことが無い方にとってみれば、なおさらでしょう。

 

また、ひざ下など脚のムダ毛を自己処理でやっている方は、なかなか綺麗に処理できず、どうすれば綺麗に処理できるかなどの疑問を持っている方もいると思います。
そこで今回は、自分でひざ下の毛を処理する上での疑問点、脱毛サロン、医療機関で脱毛をする際の疑問点などについて、ご説明していきます。

 

自分でひざ下のムダ毛処理をする際の疑問点

それほど毛深いというわけではない方は、できればお金をかけずに自分で処理をしたいという方もいるでしょう。
そういった方は、基本的には、カミソリや毛抜き、電気シェーバー、脱毛クリームなどを使って処理をされている事が多いと思います。
(中には、家庭用の光脱毛器などを購入して、自宅でムダ毛の脱毛をしているという方もいらっしゃるかもしれません。)

 

自分でムダ毛の処理をする際の方法について

自分でムダ毛の処理をしている方の疑問として、どの方法で処理するのが一番綺麗になるのか、といった疑問があると思います。
(先ほど、例として挙げた方法の内のいくつか試した事があるという方もいると思いますが、様々ある方法のすべてを試した事があるという方は、あまりいないと思います。)

 

結論から言えば、自宅で行う処理方法は、どれも一長一短といった感じです。
さらに、人によって肌質や毛質が違うこともあって、向き不向きもあります。
ですので、誰にとっても仕上がりが一番美しくなる方法というものは、無いように感じています。

 

例えば、カミソリと電動シェーバーを比較した時、カミソリの方が毛を根本近くまで剃れるため、毛が伸びてくるまでの期間が長くなります。
ただし、刃を直接お肌に当てて、深く毛を剃る分、お肌にかかる負担も大きくなります。

 

それに対して、電動シェーバーは、刃が直接は肌に触れないため、お肌への負担が少なく、肌トラブルを起こすリスクは低くなります。
その分、浅くしか剃れないため、すぐに毛が伸びてくる事になります。

 

次に除毛クリームとカミソリなどの剃る方法とを比較してみましょう。
除毛クリームは、ムダ毛を薬品で溶かして処理する方法ですので、剃る方法の場合には、処理後にどうしても目立ってしまう剃り跡がありません。

 

また、毛先を丸く処理できるため、伸びてきた時にジョリジョリとした感触が少ないという点もメリットと言えるでしょう。
(一方のカミソリは、毛を剃った時の断面が尖ってしまいますので、じょりじょり、チクチクとした感触の毛先になってしまいます。)

 

しかし、毛を溶かすほどの薬剤を使用するわけですので、その影響はむだ毛だけに留まらず、少なからずお肌にも負担をかける事になります。
(カミソリもお肌に負担をかけるのですが、除毛クリームとカミソリではお肌にかかる負担の性質が異なるため、カミソリと除毛クリームを比較して、どちらが負担が大きいなどと単純に比較する事はできません。特に、除毛クリームの場合には、お肌に合う合わないという要素も大きく影響します。)

 

家庭用光脱毛器について言えば、脱毛サロンで行われる脱毛とほとんど同じ様な仕組みの脱毛をする事ができますが、その分、価格は他の方法に比べて高額になります。
(さらに、あくまで家庭用ですので、サロンで使用される業務用の脱毛機と比較すれば、性能的には劣る事になります。)

 

このように、どの方法にもメリットやデメリットがあります。
なので、自分の肌との相性や毛の濃さや、処理方法の特徴などを理解して、自分に合った方法を選ぶのがいいでしょう。

 

以下のページで、より詳細に各方法の特徴を解説しています。
「女性のすね毛など足のムダ毛処理・脱毛の方法とその特徴について」はこちら

 

自分でムダ毛処理をする際のよくある注意点

次に、自分でムダ毛を処理する際のよくある注意点についてです。

 

ムダ毛処理を原因とした最も身近な肌トラブルは、カミソリによるものだと思います。
例えば、不潔な場所や湿気のある場所にカミソリを保管している、カミソリ本体やカミソリの替刃を長期間取り替えない、などです。

 

お風呂場など、湿気がある場所にカミソリを保管してしまうと、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
カミソリでムダ毛を処理すると、目立った傷はできていなくても、実際には目には見えない小さな傷がたくさんできることは避けられません。

 

そのため、雑菌が繁殖したカミソリでムダ毛を剃ると、傷に雑菌が侵入して、皮膚疾患を起こすリスクもあります。

 

また、長期間取り替えていない刃は、当然切れ味が悪くなっていきますので、お肌を傷付ける可能性が高くなってしまいます。
(きちんとお手入れしないで、長期間そのままのカミソリとなると、不潔である可能性も高いという点も心配です。)

 

その他では、処理後に保湿をするなど、アフターケアをしっかりと行っていないなどといったことも肌トラブルの原因となります。

 

サロンやクリニックで脱毛を行う際の疑問点

続いて、自分では処理を行わずに、脱毛サロンやクリニックで脱毛を行う際の疑問点です。
まずは、これらの違いについて、簡単にご説明します。

 

医療機関の脱毛から説明します。
美容皮膚科や美容外科などのクリニックで行われ、医療機関で、医師や看護師といった医療従事者の手によって施術が行われるため、医療行為であるレーザー脱毛を行う事ができます。
そのため、非常に効果の高い脱毛が可能となっています。
(ただしその分、価格についても高くなっています。)

 

これに対して、サロンの脱毛は、特殊な光を用いて脱毛するフラッシュ脱毛が主流となっています。
(光脱毛と呼ばれる事もありますが、両者は同じものを指します。)
医療機関で行われる脱毛に比べると、施術1回あたりの効果が落ちる事になりますが、その分、値段も安くなっていますので、比較的、気楽に利用できる施設となっています。

 

サロンやクリニックで脱毛する際の痛みについて

脱毛サロンやクリニックで脱毛を行う時の疑問として多いものの一つに、施術時の痛みに関する疑問があります。
それでは、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の痛みはどの程度のものなのでしょうか?

 

まず前提としては、痛みの感覚には個人差がありますので、ここで説明するような痛みの感じ方が、すべての人に当てはまるという事はありません。
また、部位によっても痛みは大きな違いがあり、脇やデリケートゾーンなどの太く色が濃い毛が生える部分は、痛みが強いと言われています。
(その他にも、脱毛機器の種類や施術者の技術などによっても、痛みの強さは左右されます。)

 

それで、フラッシュ脱毛の痛みに関して言えば、ゴムで弾かれる程度の痛みと表現される事が多いです。
中には、ほとんど痛みを感じないという人もいて、ほんのり温かさを感じる程度だとか、ちょっとチクっとした感じがしただけ、という意見もあります。

 

それに対して、レーザー脱毛は、サロンの脱毛よりも効果が高い分、痛みについてもより強く感じるものとなります。
こちらも痛みの感じ方には個人差があって、思っていたほど痛くはなくて騒ぐほどの痛みではないという意見もありますし、覚悟して受けたのに、それでも痛すぎてつい声が出て、さらに涙目になってしまったというような意見もあります。

 

レーザー脱毛に関しては、医療機関という事で、麻酔をかけた上で施術をしてもらう事もできるクリニックも少なくありません。
(ただし、麻酔は有料になる場合がほとんどです。)
どうしても耐えられない場合には、麻酔を使ってもらう事もできますので、レーザー脱毛は痛みが非常に強いとはいえ、深刻に考える必要は無いでしょう。

 

脱毛する前後の日焼けについて

そして、日焼けをしている状態で、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はできるのかという点も、よくある疑問です。

 

基本的に、光にしても医療用レーザーにしても、光を使用する脱毛は、光が毛の黒い色素に反応する事を利用して脱毛が行われます。
そのため、お肌が日焼けしている部分に光やレーザーを照射すると、色の黒い肌の色素にも反応しやすいため、光がお肌にも反応し過ぎてしまって、最悪の場合には火傷をしてしまうこともあります。

 

また、それを防ぐためには、光の出力を下げて照射する必要がありますので、脱毛効果が下がってしまう事になります。

 

そのため、日焼けをしていた場合、日焼けの程度によっては施術が危険なため、施術を断られる事もありますし、施術をしてもらえるくらいの日焼けだったとしても、脱毛の効果が落ちる事は避けられません。

 

ですので、脱毛をしている期間中、特に脱毛の施術日近くには、(少なくとも脱毛する部位に関しては、)紫外線対策をしっかりと行う必要があるのです。

 

さらに、脱毛の施術後も、お肌は敏感な状態になっていて、そこに陽射しを浴びると、肌トラブルを起こす可能性があります。
そのため、脱毛後についても、日焼けは避けなければいけません。

 

まとめ

ご紹介したように、自宅で行うムダ毛処理は、程度の差はありますが、どれもお肌に負担がかかってしまいますし、処理後の見た目も決して良いとは言えない方法が多いです。

 

ひざ下のような目立つ部分となると、綺麗にムダ毛を処理したいと思うはずですし、肌トラブルなどでお肌が汚くなるのも避けたいと思うはずです。
しかし、自己処理ではその両方とも、叶えるのは難しいのが現実です。

 

ですので、自己処理を続けてダメージが積み重なって、お肌が取り返しのつかないような汚い状態になる前に自己処理をやめるという意味でも、早めにサロンなどで脱毛を始めるのがおすすめです。

 

そうは言っても、サロンで脱毛しようと思えば費用がかかるので、サロンを利用する事をためらう方も多いでしょう。

 

ですが、体験コースやキャンペーンなどを利用すれば、千円以下など思った以上に安い金額から、脱毛を始める事もできます。
ムダ毛をキレイに処理出来なかったり、ムダ毛処理で肌トラブルを起こしてしまったり、といった事で悩んでいるのであれば、試しに手軽に始められる体験コースやキャンペーンを利用してみるのはいかがでしょうか?

 

おすすめランキングはこちら