名古屋の足脱毛・ひざ下脱毛おすすめサロンランキング

名古屋の足脱毛・ひざ下脱毛おすすめサロンランキング

このページでは、
名古屋市内を中心に、
愛知県内で足脱毛・ひざ下脱毛におすすめのサロンのランキングをご紹介していきます。

 

名古屋の足脱毛・ひざ下脱毛おすすめサロンランキング

脱毛ラボ

価格 【月額制プラン】

全身脱毛48ヵ所おためしプラン
(ひざ下・ひざ上など足含む)

お試し価格:月額1,500円(税抜)
※限定:9/30まで13ヶ月無料おためし体験付き!


※月額制のプランでは申込みは14ヶ月からになります。
※月額制のプランでは16ヶ月で1回分(1ヶ月に1/16ずつ)の施術になります。


【1回単発脱毛プラン】
両ひざ下(膝小僧含む)
1回:3,980円(税抜)
評価 評価5

脱毛ラボの愛知県内の店舗情報

●名古屋駅前店(JR『名古屋駅』より徒歩5分,名古屋市営地下鉄『名古屋駅』より徒歩3分)
●名古屋栄店(名古屋市営地下鉄『栄駅』より徒歩5分,名鉄『栄町』より徒歩7分)

脱毛ラボの公式サイトはこちら

ミュゼ

価格 【9月のキャンペーン】
両ワキ+Vライン+好きな3カ所
合計5カ所脱毛できて500円(税抜)
期間限定:9月30日(土)まで
※ミュゼがはじめての方限定のキャンペーンです。

※両ワキ・Vラインのコースと、全身20部位の中から選べる3箇所の脱毛がセットになったキャンペーンです。
(選べる3箇所は、両ヒザ下,両ヒザ上なども対象になっています。)
※キャンペーンの脱毛回数は、両ワキ・Vラインの脱毛は期間・回数無制限の通い放題で、その他の部位の脱毛は1回(Sパーツは2回)になります。
評価 評価4.5

ミュゼの愛知県内の店舗情報

●名古屋パルコ店(地下鉄名城線『矢場町駅』より徒歩5分)
●グラン栄店(地下鉄名城線『矢場町駅』より徒歩1分)
●金山店(『金山総合駅』より徒歩1分)
●mozo ワンダーシティ店(名鉄犬山線『上小田井駅』より徒歩10分)
●近鉄パッセ店(近鉄名古屋線『近鉄名古屋駅』より徒歩1分,JR・地下鉄各線『名古屋駅』より徒歩5分)
●デリスクエア今池店(名古屋市営地下鉄『今池駅』より徒歩2分)
●イオンタウン熱田千年店(各線『金山駅』よりバスで約15分)
●名鉄百貨店一宮店(名鉄名古屋本線『名鉄一宮駅』直結,JR東海道本線『尾張一宮駅』直結)
●イトーヨーカドー安城店(名鉄『新安城駅』より徒歩5分)

ミュゼの公式サイトはこちら

エステティックTBC

価格 終わりのある脱毛 1回体験プラン
通常価格:11,680円(税込)
⇒はじめて割価格:1,000円(税込)

※TBCがはじめての方限定
※対象部位(ひざ下ひざ上,ひざなど)から好きな1箇所(Sパーツなら2箇所)を選んで体験できるプランです。
評価 評価3.5

TBCの愛知県内の店舗情報

●名古屋駅前本店(JR『名古屋駅』より徒歩4分)
●名古屋駅前店(JR『名古屋駅』より徒歩3分)
●名古屋栄店(名古屋市営地下鉄『栄駅』より徒歩4分)
●金山店(各線『金山駅』より徒歩1分)
●藤ヶ丘ami ami店(地下鉄東山線『藤が丘駅』より徒歩2分,リニモ『藤が丘駅』より徒歩2分)
●豊橋ココラアベニュー店(JR・名鉄『豊橋駅』東口からペデストリアンデッキで直結)
●豊田コモ・スクエア店(名鉄『豊田市駅』より徒歩2分,愛知環状鉄道『新豊田駅』より徒歩5分)
●岡崎店(名鉄バス『康生町』より徒歩1分,名鉄『東岡崎駅』より徒歩約15分)

エステティックTBCの公式サイトはこちら

 

 

▲ランキング1位に戻る▲

 

コラム

夏が近づくとファッションも全体的に薄着になって、脚を露出するような服装になる機会も増えると思います。
そうなると若い女の子にとって気になるのが脚、特にひざ下のムダ毛の処理でしょう。
ただ本来は、夏だけではなく、一年中綺麗な生足でいられることを望んでいる女性は多いのではないでしょうか?

 

なので、さまざまな方法でムダ毛の処理をする事になるわけですが、それほど毛深いわけでもなければ、脱毛サロンなどには行かずに、自宅で自己処理をするという女性も結構多いのではないでしょうか?
襟足や背中など、自分で処理することが困難な部分であれば話は別でしょう。
ですが、ひざ下などであれば、入浴時などにカミソリを使って処理することは、それほど手間も時間もかかりません。
なので、そういった感じで気軽に、自分の脚の毛を自己処理で済ませているという方もいるでしょう。

 

しかし、脚のムダ毛の自己処理というのは問題があります。
それは、脚のムダ毛に限った話ではありませんが、自己処理というものは、どうしてもお肌にダメージを与えるものです。
そして、お肌にダメージを与える自己処理を長期間続ければ、黒ずみや毛穴のぶつぶつができてしまうリスクがあります。
(その他にも、埋没毛のリスクもあるでしょう。)

 

自己処理を続けた結果、このような黒ずみや毛穴のぶつぶつが目立つようになるというのは、決して珍しい事ではありません。
ムダ毛を無くして足を綺麗にしようとムダ毛処理をしているのに、ぶつぶつや色素沈着で逆に見た目が悪くなるという悩みは、自己処理に関するよくある悩みと言ってもいいかもしれないくらいです。

 

そこで今回は、この脚の黒ずみや毛穴のぶつぶつについてご説明していきます。

 

脚の黒ずみと毛穴のぶつぶつが起こる原因について

いきなり結論から言ってしまうと、多くの場合は間違ったムダ毛の処理が原因となっています。
そして、間違ったムダ毛処理とは、肌に強い負担をかけるやり方で処理を行う事です。
(ただ、正しい方法で処理したとしても、やはりお肌へのダメージは避けられませんので、自己処理をしている限り、お肌が汚くなるリスクは避けられないでしょう。)
それでは、どういった処理方法が間違っていて、肌に強い負担をかける方法なのでしょうか?

 

毛抜きでの処理

毛抜きでムダ毛の処理をするのは、手間や時間がかかりますので、全体の処理に毛抜きを使用するという方はあまり多くはないと思います。
ただし、部分的に毛抜きを使って抜いて処理するという事をやっている方は、結構多いのではないでしょうか?

 

しかし、毛抜きでの処理は皮膚や毛穴に大きな負担を与える方法です。
少しイメージしてみると、その負担の大きさは簡単に想像できると思います。
実際に、毛を引っ張って抜く時に、毛穴や周辺の皮膚も一緒に引っ張られて、強い力がかかる事になります。
そのため、毛抜きでの処理はお肌に大きな負担をかける事になるのです。

 

カミソリでの処理

カミソリは、価格も安価ですし、お風呂などのついでに手軽にムダ毛を剃れるので、ムダ毛の自己処理の方法として最もポピュラーな方法と言ってもいいかもしれません。
しかし、カミソリでの処理は、注意しなければならない点がいくつかあり、ちゃんと注意しておかないと肌トラブルのリスクも高くなってしまう方法です。

 

そもそもとして、カミソリで毛を剃るという事は、お肌に直接刃物を当てて、毛を剃るという事です。
そのため、カミソリでムダ毛を処理した時には、注意して毛を剃ったとしても、お肌を傷付ける事は避けられず、実は目に見えないような小さな傷をたくさんつくってしまっているのです。
注意しても、お肌に小さな傷ができてしまうのですから、注意しなければ、なおさら、お肌にダメージを与えるという事になります。

 

それでは、具体的に間違ったカミソリでの処理方法をいくつかご紹介します。
案外やりがちなのは、古い刃を替えずにずっと使い続けてしまったり、カミソリをお風呂場に保管してしまったりという事でしょう。

 

まず、古くなった刃というのは、切れ味が落ちているので、誤ってお肌を傷つける可能性もありますし、きちんと管理していなければ、刃が不潔になっている事も少なくないでしょう。
また、お風呂場などの湿気がある場所に、カミソリを保管していると、刃に雑菌が繁殖しやすくなります。

 

こういった不潔で雑菌が繁殖したカミソリを使って処理すると、お肌にダメージを与えたり、カミソリ負けしてしまったりなどのレベルでは済まずに、もっと酷い皮膚科で処置してもらわないといけないレベルの重いトラブルを起こすリスクすらあります。
程度の重い肌トラブルを起こしてしまえば、治った後も跡が残る可能性もあります。

 

ですので、カミソリの刃をこまめに替える、カミソリを清潔で乾燥した場所に保管するなど、カミソリの管理には気を付けた方が良いでしょう。

 

次に、ムダ毛を気にしすぎて毎日剃ってしまう、また同じ部分を何度も剃ってしまうといった使い方もお肌にかかる負担が大きな行為です。
カミソリでの処理は、上手くやったとしても、皮膚の角質をいくらか削ってしまいますし、先ほど触れた通り、目に見えない小さな傷ができてしまっています。
そのため、毎日のように同じ部分を何度も剃っていると、お肌の状態が回復していないところに、またダメージを加える事になってしまいます。
なので、こういった事を繰り返していると、お肌の状態はどんどん悪化していく事になるでしょう。。

 

その他、専用のシェービングジェルやシェービングフォームなどではなく、石鹸やボディソープを使って剃るというのも、あまり好ましくはありません。

 

また、生理中や風邪をひいている時など体調の悪い時にムダ毛処理をするのも良くはありません。
これは、お肌にかかる負担がどうこうと言うよりも、生理などの時には、お肌の状態が不安定になって肌荒れなどを起こしがちですので、そういったお肌の状態が良くないタイミングで、さらにムダ毛処理で肌に負担をかけるのは避けたいといった意味合いです。

 

このような肌に大きな負担をかけるやり方で、ムダ毛の処理を継続すると、肌のトラブルを引き起こしやすくなりますし、色素沈着やぶつぶつ毛穴になる原因になってしまいます。

 

その他の方法による処理については、以下のページで解説しています。
「女性のすね毛など足の毛の処理・脱毛の方法とその特徴」はこちら

 

脚の黒ずみと毛穴のぶつぶつを防止・改善するためには?

ここまで、脚の黒ずみや毛穴のぶつぶつの原因について説明してきました。
それでは、どのようにすれば、こういったトラブルを防止して、さらに改善する事が出来るのでしょうか?

 

まず、前項でご説明したやり方が、毛穴のぶつぶつや黒ずみができてしまうリスクが高い方法です。
そのため、そのリスクを下げるためには、基本的にはリスクが高いやり方の逆をやればいいということになります。
まず、ムダ毛の処理をする際には、毛抜きは使わない方がいいでしょう。
また、カミソリを使う場合は、例えば、毎回のように新しい清潔な刃に取り替えてから使うのがいいでしょうし、ムダ毛が気になっても毎日は処理を行わず、ある程度の間隔を空けて行う方がいいでしょう。
さらに、剃る際には、毛の流れに逆らわずに優しく剃るのがいいですし、きちんと自分のお肌に合ったシェービングフォームなどを使用して剃るのがいいでしょう。
そして、生理中や風邪など体調の悪い時は処理を控えておいた方がいいでしょう。

 

これらの他に、重要な事としてアフターケアがあります。
処理後には、保湿などのケアを念入りに行った方がいいでしょう。
乾燥は様々な肌のトラブルの原因になるもので、処理後にはお肌が傷付いて保湿機能が低下している状態です。
特に、乾燥しやすい秋から冬にかけては、しっかりと保湿することを心がけた方がいいでしょう。

 

とはいえ、お肌に負担をかけないように、処理したとしても、自己処理を続けている限り、お肌にダメージを与える事は避けられません。
そのため、リスクを抑える事はできますが、自己処理を続ける限り、リスクを無くすことは出来ません。

 

また、自己処理を続けてダメージを与え続ける限り、毛穴のぶつぶつや黒ずみが改善するとは限りません。
そのため、根本的に黒ずみや毛穴のぶつぶつの原因から解消するためには、自己処理をやめる必要があります。
とはいえ、それまでずっとムダ毛処理を続けてきた若い女性が、足の毛を処理せずに、すね毛などがボーボーの状態で生活するというのもあまり現実的ではないでしょう。
ですので、自己処理をやめるためにも、脱毛サロンなどの利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

▲ランキング1位に戻る▲