足をクリニックで脱毛するメリット・デメリットについて | 足脱毛ぷらざ

足をクリニックで脱毛するメリット・デメリットについて

スカートやショートパンツをはく時、足の無駄毛が気になるという女性は、多いでしょう。
女性であっても、無駄毛が濃いという悩みを持っている方はいますし、無駄毛はさほど濃くないという場合でも、足に無駄毛が生えている女性がほとんどです。

 

無駄毛をカミソリや毛抜きで自己処理してしまうと、すぐに無駄毛が生えてきてしまい、頻繁に処理する必要がありますし、何より肌への負担が大きい為、様々なトラブルの原因となります。

 

綺麗に足の無駄毛を処理したいなら、美容外科や美容皮膚科など、クリニックでの脱毛がお勧めです。
クリニックでは主に、レーザーでの脱毛がポピュラーに行われています。

 

レーザーでの施術のメリットといえば、やはり「永久脱毛」の効果がある事でしょう。
レーザーで無駄毛を処理すると、体毛を作り出す毛乳頭や、毛母細胞といった組織ごと破壊します。
これらの組織は1度壊されると、2度と再生される事はありません。

 

ですので、レーザーで処理した毛穴からは、無駄毛が生えてこなくなるのです。
また、毛根から無駄毛が抜けるので、毛穴がキュッと引き締まり美肌効果もある点も、レーザーのメリットと言えるでしょう。

 

ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。
レーザーでの施術では1回で、全ての無駄毛を処理できない為、何回かクリニックに通う必要があるのです。
足の無駄毛の場合、平均して約5回から8回程度の施術で、満足の行く効果を実感できます。

 

そして、レーザー脱毛は健康保険が適用されない為、費用も高額という点が、デメリットとして挙げられます。

 

おすすめランキングはこちら