女性のすね毛など足のムダ毛処理・脱毛の方法とその特徴について | 足脱毛ぷらざ

おすすめランキングはこちら

【目次】女性のすね毛など足の毛の処理・脱毛の方法とその特徴について

すね毛など足のムダ毛を自己処理する方法とそれぞれの特徴

まず、足の毛を自己処理する最大のメリットはお金もあまりかからず、自宅で手軽にできるということでしょう。
(毛抜きで1本1本抜いていくのは、あまり手軽ではないですが。)

 

ただ、自己処理は、肌にかかるダメージ・負担が大きく、様々な肌トラブルの原因になってしまいますので、各方法の特徴をきちんと理解して選ぶ事が大切です。

 

代表的な処理方法とその特徴を以下で説明していきます。

 

 

1.カミソリで脚の毛を剃って処理するメリット・デメリット

カミソリによる自己処理は、時間や手間もあまりかからず手軽にムダ毛を処理できるというのがメリットと言えるでしょう。
そのため、入浴のついでにすね毛やふくらはぎの毛をカミソリで処理している方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、毛を剃るのと一緒に、カミソリの刃で皮膚の表面も削ってしまいます。
特に肌が敏感な方は、カミソリ負けでかゆみや赤みが出やすいです。

 

また、お肌が傷つくことにより潤いを保てなくなって、乾燥肌になりやすくなります。
さらに、カミソリによる肌への刺激・ダメージで、毛穴周辺に黒ずみ(お肌の色素沈着)ができてしまう場合もあります。

 

特にすね毛などは少し生えただけでも気になって、剃る頻度も多くなりがちなので、黒ずみがひどくなる方も多いです。
この黒ずみは、お肌への刺激・ダメージによって生じているので、自己処理をやめて、お肌への刺激が無くなれば、徐々に改善されて目立たなくなっていきます。

 

その他、カミソリによる自己処理は、埋没毛ができる原因にもなります。
埋没毛についてはこちら

 

どうしても、カミソリで脚の毛を処理するという場合には、処理後の脚の保湿などのお手入れを徹底して、デメリットが少しでも軽減できるように心掛けましょう。

 

 

2.電気シェーバーで脚の毛を剃って処理するメリット・デメリット

電気シェーバーによるムダ毛の処理は、カミソリと同様に毛を剃って処理しますが、電気シェーバーは刃が肌には直接当たらないため、カミソリに比べて肌にかかる負担が少ないというのがメリットです。
(ただし、肌への負担が少ないというだけで、負担がかからないわけではありません。)

 

その代わり、カミソリに比べて毛を浅くしか剃ることができず、深くは剃ることができないため、すぐに毛が生えてきてチクチクになってしまいます。
そのため、毛を剃ってもまたすぐに剃らなければならない状態になってしまいます。

 

また、毛を浅くしか剃れないということは、毛の剃り跡が目立ちやすいということでもあります。
人によっては、剃った後の毛の断面が黒く点々に見えてしまうという方もいます。

 

 

3.毛抜きで脚の毛を抜いて処理するメリット・デメリット

毛抜きによる処理は、毛根から抜き取るため、その毛穴から次の毛が伸びてくるまでの期間が長いというのが最大のメリットです。

 

デメリットとしては、まず手間と時間がかかることや、痛みが強いことがあります。
そして、最大のデメリットは、毛を引き抜く時に、皮膚や毛穴に非常に大きな負担がかかることです。
そのため、埋没毛の原因になる場合もあります。

 

毛の生えている方向に沿って、そっと抜くことによって、皮膚や毛穴にかかる負担をいくらか軽くすることができます。
ですので、毛抜きで毛を抜く場合には必ず、毛が生えている向きに沿って、ゆっくり丁寧に1本ずつ抜くようにしましょう。

 

 

4.除毛クリームで脚の毛を処理するメリット・デメリット

除毛クリームによる処理は、毛を溶かす作用のある薬品によって行われます。
(「除毛剤」や「脱毛クリーム」などと呼ばれることもあります。)

 

除毛クリームのメリットは、クリームを塗って所定の時間(3分〜5分程度が標準)を待ち、洗い流すだけなので、処理が手軽であることが挙げられます。
また、一度に広範囲のムダ毛を処理できることも大きなメリットです。

 

ただし、除毛クリームによって溶かせるのは、表面に生えている毛だけなので、処理をしてもすぐに毛が生えてきてしまいます。

 

さらに、毛を溶かすことができる薬剤であるため、肌への刺激も強く、かぶれや赤みなどの肌の異常が出る場合があります。
そのため、使用前のテスト(パッチテスト)を行う必要があります。

 

肌に異常が出なかったとしても、肌に負担がかかることには変わりありませんので、除毛クリームによる処理を頻繁に行うことは望ましいことではありません。

 

このようなデメリットはありますが、
「特定の日に無駄毛をキレイにしておくために、たまに使う」
という使い方であれば、優れた無駄毛の処理方法と言えます。

 

 

5.脱毛ワックスで脚の毛を処理するメリット・デメリット

専用のワックスを皮膚に塗り、毛と一緒にワックスを引き剥がすことによって、毛を抜く方法です。
(なお、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛の事を「ブラジリアンワックス脱毛」と呼びます。)

 

メリットとしては、毛抜きと同様、毛を抜くため毛が伸びてくるまでの期間が長いことが挙げられます。
また、毛抜きに比べて、広範囲の毛を一気に処理できることもメリットです。

 

デメリットに関しても毛抜きと同様に、毛を引き抜くため、皮膚や毛穴に大きな負担がかかることが挙げられます。
さらに、引き剥がす時に毛だけでなく、皮膚も一緒に剥がしてしまい、肌を傷つけてしまうおそれがあります。
また、内出血を起こす可能性もあります。

 

その他、埋没毛ができる可能性が高い方法でもあります。

 

 

6.脱毛テープで脚の毛を処理するメリット・デメリット

この方法は、ドラッグストアなどで売られている脱毛用の粘着テープを毛を処理したい部分に貼り、テープをはがすことによって、毛を抜くという方法です。

 

メリットとしては、コストが安い、簡単な方法であること、広い範囲を短時間で処理できることなどです。
また、毛を抜く方法であるため、次の毛が生えてくるまでの期間が長いです。

 

ただし、テープを剥がすことによって、お肌に大きな負担をかけます。
そのため、デメリットとして、テープを剥がす時の強い痛みをともなうこと、炎症・黒ずみ・埋没毛を引き起こす原因になることなどが挙げられます。

 

また、痛いわりに毛がうまく抜けない、という場合もあります。

 

 

↑目次に戻る↑

 

 

おすすめランキングはこちら

 

埋没毛について〜原因・対処方法〜

 

 

埋没毛(まいぼつもう)とは

何らかの原因で毛が皮膚の外に出られなくなり、皮膚の中で成長してしまった状態の毛のことです。
「埋もれ毛」や「埋まり毛」、「イングローヘアー」などと呼ばれることもあります。

 

埋没毛ができると、埋没した毛によって皮膚の表面が盛り上がり、鳥肌のようなポツポツになってしまいます。
また、皮膚の中にある毛によって、肌が黒く見えてしまいます。
さらに、埋没毛によって色素沈着ができてしまう場合もあります。

 

埋没毛ができる仕組み・原因について

カミソリや毛抜きなどによる自己処理の時に、皮膚が傷付くことでかさぶたができたり、炎症を起こしたりして、それにより毛穴の出口がふさがって、外に出られなくなった毛が埋没毛になります。
(要するに、埋没毛の原因は、自己処理によるダメージです。)

 

その他、カミソリで剃ることによって鋭くなった毛の先端が、毛穴の出口ではない方向に皮膚を貫通して、皮膚の外に出られなくなってしまうことによって起こるとも言われています。

 

埋没毛の対処方法

埋没毛はすぐに治すことは難しいですが、しばらく放置しておけば、毛の成長が止まった後に内部で分解されたり、肌のターンオーバーによって埋もれた毛が表面に出てくることにより、自然に解消されます。

 

ただし、埋没毛の部分が、毛嚢炎というニキビのような状態になってしまった場合には、放置せず皮膚科を受診して処置を受ける事が望ましいです。

 

埋没毛を針などで無理に出すのは危険

埋没毛の対処方法としては、針などを使って埋まった毛を出すという方法もありますが、肌を傷つけてしまうので好ましい方法ではありません(傷跡が残ってしまうおそれもあります)し、その傷が原因で、また埋没毛ができてしまうおそれもあります。
(どうしてもやる場合には、必ず針と皮膚をしっかりと消毒しなければいけません。)

 

また、ごく浅い部分の埋没毛であれば、ピーリングなどによって表面に出すこともできます。
(これは、ごく浅い部分の埋没毛の場合限定の話です。)

 

 

美容皮膚科などの医療機関で行われている医療レーザー脱毛であれば、埋まった毛に対しても反応するため、埋没毛であっても脱毛することができます。

 

 

↑目次に戻る↑

 

↑自己処理の方法と特徴に戻る↑

 

 

おすすめランキングはこちら

 

サロンやクリニックの脱毛の仕組みとそのメリット・デメリット

 

 

サロンやクリニックの脱毛の方法と仕組み

まず、サロンやクリニックでの脱毛の方法や、その仕組みについて、簡単に説明します。

 

現在、主流となっている方法は、
サロンでは「フラッシュ脱毛」
クリニックでは「医療レーザー脱毛」です。

 

これらの方法は、

1.脱毛したい毛に対して特殊な光やレーザーを照射する

 

2.光やレーザーのエネルギーを毛に吸収させる
(光やレーザーが毛のメラニン色素に反応します。)

 

3.吸収されたエネルギーによって毛が発熱する

 

4.この熱によって毛根の発毛組織にダメージを与える

 

5.照射後1〜2週間程度で毛が自然と抜け落ちる

という仕組みです。

 

 

自己処理は、生えている毛を剃ったり抜いたりするだけなので、その場限りの方法です。
(その後に生えてくる毛には、何の影響もありません。)

 

 

一方、サロンやクリニックの脱毛は、生えている毛の発毛組織自体に働きかけます。

 

そのため、脱毛の施術をした毛が抜け落ちるだけでなく、毛の再生機能を低下させることによって、その後に生えてくる毛についても脱毛の効果が継続し、生える毛が細く、少なくなります。

 

そして、施術を繰り返すことにより、生える毛がより細く、より少なくなっていき、目立つ毛がほとんど生えなくなります。

 

 

サロンやクリニックで脱毛するメリット

「脱毛のプロ」による施術で自己処理に比べて綺麗に仕上がる

自己処理と比較して肌への負担が軽く、また、毛が根元から自然と抜け落ちるため、綺麗に仕上がります。

 

脱毛の効果が継続する

発毛組織にダメージを与えて、毛の再生能力を低下させる事が出来るため、その後に生えてくる毛についても脱毛の効果が継続します。

 

 

サロンやクリニックで脱毛するデメリット

自己処理に比べて費用がかかる

サロンやクリニックの脱毛の最大のデメリットは、やはり費用がかかることです。
(一般的に、脱毛サロンの方がクリニックよりも値段が安いです。)

<ひざ下の脱毛の料金の目安>
脱毛サロン:1回4,000〜6,000円程度
クリニック:1回8,000〜18,000円程度

 

※「ひざ下」は、主にすねやふくらはぎの部分の事です。

 

ある程度の回数通って施術を受けなければならない

サロンやクリニックの脱毛であっても、1回や2回程度の施術を受けただけで毛が完全に生えなくなる、というような事はありません。
(とはいえ、生えてくる毛を薄くする効果はあります。)

 

そのため、ある程度の回数の施術を受ける必要があり、通って施術を受ける時間と手間がかかります。

 

 

サロンやクリニックで脱毛するメリット・デメリットのまとめ

このように、サロンやクリニックの脱毛には、

 

・自己処理に比べて費用がかかる
・ある程度の回数通って施術を受ける時間と手間がかかる

 

といったデメリットがあります。

 

ですが、3〜4回程度の施術を受ければ、生えてくる毛が薄くなり、自己処理の負担が軽くなります。
そして、さらに施術回数を重ねていけば、目立つ毛がほとんど生えなくなり、いずれは自己処理が不要になります。

 

また、その脱毛の効果は継続します。

 

 

このようなメリットがあるので、

自己処理が面倒

 

・処理した後の見た目が汚くなってしまう
(自己処理でムダ毛を無くすことはできるが、剃り跡や毛穴は目立ってしまう・埋没毛ができてしまう・黒ずみができてしまう、などのせいで見た目が汚い)

などのような事に悩んでいる方であれば、サロンやクリニックで脱毛する価値は十分にあると考えられます。

 

 

脱毛が初めての方におすすめのサロン

脱毛が初めてで、どんな感じなのか1回体験してみたいという方には、TBCがおすすめです。

 

TBCなら両ヒザ下、両ヒザ上などから、好きな部分を1箇所選んで、本格的な脱毛の施術を1回1,000円(税込)で体験する事ができるプランがあります。

 

TBCは2015年度のオリコン調査でエステサロン(脱毛)部門の「技術力」第1位を獲得しているサロンなので、初めての方でも安心です。

 

 

エステティックTBCの公式サイトはこちら

 

 

おすすめランキングはこちら

 

足の毛の脱毛の部位とその対象範囲について

一言で「足の毛の脱毛」と言っても、
一般的な脱毛エステやクリニックでは、次の4つのパーツに分かれます。
以下、大体の範囲です。
(細かな違いがある場合はあります。)

・ひざ上……膝の上から足の付け根のあたりまで(主に太ももの部分)

 

・ひざ………そのまま、ひざ(いわゆるひざのお皿)の部分

 

・ひざ下……膝の下から足首のあたりまで(主にすね毛とふくらはぎの部分)

 

・足先………足の指と甲

 

※足の裏側は毛が生えないので含まれません。

足の毛の脱毛の範囲のイメージ(ミュゼの場合)

足の毛の脱毛の範囲(ミュゼ)

※画像はミュゼプラチナム公式サイトより

 

 

足の毛の脱毛の範囲のイメージ(アリシアクリニックの場合)

脚の毛の脱毛の範囲(アリシアクリニックの場合)

※左上から「両ヒザ上」,「両ヒザ」,「両ヒザ下」,「両足の甲&指」の順に並んでいます。

※画像はアリシアクリニック公式サイトより

 

 

なので、自分が足のどこの部分のムダ毛が気になっていて、毛を無くしたい・薄くしたいのかを、事前に決めておくのが良いでしょう。

 

ただ、脱毛エステなどでは無料でカウンセリングを行ってくれますので、そこで相談して決めても良いですね。

 

 

おすすめランキングはこちら

 

すね毛にまつわる女子の悩みと脱毛サロンに対する想い

兵庫県在住のすね毛の処理に悩む女子Hさんの場合

服装がある程度自由な会社に勤めているんですが、女子が毎日毎日、長ズボンで出勤すると、白い眼で見られるとまでは言わないですが、ちょっと変な目で見られてる気がするので、たまにはスカートを穿かなくちゃと思ってるんです。

 

スネ毛とかを処理してなくても、黒とかのカラーのタイツなら、スカートをはいても、スネ毛は目立たないんで大丈夫だけど、夏だと暑くなるし、見た目も暑苦しくなるから、ベージュみたいなナチュラル系の色のタイツをはかないといけなくなります…。

 

ベージュのタイツをはくと、脚のむだ毛を処理してないと毛がボーボーと目立つし…。

 

なので暖かい季節になると、脚のむだ毛を処理しないといけなくなるんですけど、かみそりで剃ると私、毛穴がなんかぶつぶつになっちゃうんですよね。
それで、足の毛穴が目立って汚く見えるし…。
肌の赤みも出やすいし、肌荒れでかゆくなっちゃうし…。
(それに、赤くなった後に黒ずむんですよね。)

 

それで、除毛クリームも試してみたこともあるんですが、肌がヒリヒリしたり、つっぱるような感じがあるのを好きになれずに使うのをやめました。

 

毛抜きは、抜くのが痛いし、毛穴が盛り上がって赤くなって、毛穴が目立つので見た目も悪いし、それに時間も手間もかかるから面倒だし。

 

なので、もう脱毛サロンに行くしかないかな?と思ってます。
もちろん、自己処理よりは費用はかかるんだけど、それでスネ毛とかの脚のむだ毛の悩みが解消されるなら悪くないかなぁと思ってます。

 

 

足が毛深いのがコンプレックスな大阪府在住Nさんの場合

昔から足が毛深いのがコンプレックスで、生足を出すのがすごく嫌で、いつも脚が隠れるような服を選んで着ていました。
(中学生や高校生の頃は、丈の長いハイソックスで、出来るだけ脚が見えないようにしていました。)

 

脚以外の体毛も全体的に濃くて、特にすねなんて本当に剛毛で…。
(その代わり、自分で言うのもなんなんですが、まつ毛は長くていい感じに仕上がってるんですけど。)

 

ただ私は毛が濃いのに、すごい敏感肌で、自宅での無駄毛の処理に限界を感じていました。
(ホントにすごく肌が弱いんで、ボディソープとかも気を使って選んでるし、洗う時もスポンジとかは使わずに、手を使って洗ってるんです。)

 

剃刀で毛を剃ると、剃刀負けがひどくて耐えられないんです…。
敏感肌用なら大丈夫かも?と思って、脱毛クリームを使ってみた時は、敏感肌用のはずなのに、肌がかぶれてしまいました。

 

脱毛サロンだったらどうなだろう?と思って、有名なミュゼにとりあえず無料のカウンセリングだけでもと思って、受けに行ってみました。
そこでミュゼの脱毛方法は、お肌に優しい方法だと聞いて、脚の脱毛もしてみようかな?とも思ったんですが、不安もあったので、まずはキャンペーンの両脇の脱毛だけ試してみることに。

 

何回か脇の脱毛を受けてみたところ、とりあえず脇は大丈夫みたいだったので、脚の脱毛も申し込むことに。
最終的には脚全部したいんだけど、脚は特に敏感で不安もあるので、まずは一番気になるすね毛の部分を含むひざ下の脱毛だけにしました。

 

やっぱり、脚は敏感なので、ワキみたいに全然大丈夫ってことはなくて、少し赤みが出ちゃったんですけど、それでも剃刀負けのひどさに比べれば全然マシでした。
まだ何回か受けただけなんですけど、すね毛が段々と薄くなっているのを実感しています。

 

ただ、元が剛毛なので、ツルツルすべすべになるのはまだ先になりそうかなぁと思ってます。

 

 

 

おすすめランキングはこちら