足の毛をカミソリで剃って処理するデメリットについて | 足脱毛ぷらざ

足の毛をカミソリで剃って処理するデメリットについて

足の毛を自宅で処理するのに一番簡単な方法はカミソリで剃ることです。
ワックスや脱毛テープなどと違い痛みがなく、毛抜きのように手間がかからないので誰でも手軽に行うことができます。
脱毛エステサロンやクリニックで施術してもらうのが、仕上がりが最もきれいになるのですが、お金がかかるのと、予約が取りにくいサロンがあったり、通う手間があったりというのが難点です。
そのため、足の毛の自宅処理で最も多く選ばれているのが、手軽でお金もあまりかからないカミソリを使ったムダ毛処理なのです。

 

手軽で経済的にも便利な方法であるカミソリによる処理ですが、デメリットもあります。
まずは剃った足の毛がまたすぐに生えてきてしまうことが挙げられます。
脱毛エステサロンのS.S.C脱毛やクリニックでのレーザー脱毛などの処理と違い、表面に出ている毛を剃るだけなので毛根が残り、1日も経たないうちにそこからまた新しい毛が生えてきてしまいます。
そのため、毎日処理する必要があり、特に肌の露出が多い夏場やプール、ジムなどに通っている人は手間がかかって大変です。

 

また、肌の弱い人や乾燥肌、敏感肌の人はカミソリ負けしてしまうというデメリットもあります。
刃が肌を刺激して赤くなってしまったり、シェービングクリームやジェルが肌に合わず、ピリピリ、ヒリヒリといった不快感が残ったり、ひどい時は湿疹が出るなど皮膚科に行くことになる場合もあります。
最近は敏感肌用の特別な刃を使った商品や、本体にあらかじめジェルがセットされたもの、低刺激のクリームなども販売されていますが、全ての人の肌に合うわけではありません。

 

素早く簡単に足の毛処理ができるカミソリですが、自分の肌や生活習慣に合っているかを考えて使いましょう。

 

おすすめランキングはこちら