足の毛を毛抜きで抜いて処理するデメリットについて | 足脱毛ぷらざ

足の毛を毛抜きで抜いて処理するデメリットについて

一年を通して気になるムダ毛。
中でも足の毛は年間を通して目立つ部位です。
社会人になると、冬場でもストッキングを履く機会が多く、とぐろを巻いた状態で出社するのは勇気が必要です。

 

足の毛を処理する際、最初に思いつくのがカミソリです。
カミソリを使って処理すると数日間はきれいな状態を維持できます。
しかし、デメリットも多いのが事実です。
カミソリを使うことでカミソリ負けをする場合がありますし、足の毛が生えてきた時のチクチクした肌は誰にも触らせたくありませんし、見られたくもありません。

 

カミソリの次に試したくなるのが毛抜きです。
毛抜きを使った場合のメリットはキレイな状態がある程度の期間継続できることです。

 

一方、毛抜きによる処理はデメリットが多いのも事実です。
足の毛を毛抜きを使って処理する場合、かなりの時間がかかるため根気が必要になります。
更に毛穴が広がりずっと抜き続けることで毛穴がブツブツと目立つ可能性があります。
費用がほぼかからない手軽さからカミソリや毛抜を使った処理は手軽さがありますが、デメリットも多いため注意が必要です。

 

どうしても自己処理を続けたいのなら、上手にムダ毛とつきあっていくしかありません。
毎日自己処理を続けると肌を傷めてしまいますので、処理をする間隔をあけるようにしましょう。
自己処理をした後の肌は保湿クリームや化粧水などで保湿するようにしましょう。
もし、出血をした場合は消毒をして過度な保湿は避けるようにして下さい。

 

おすすめランキングはこちら